2011年11月11日

猫の肝臓疾患

今回は猫の肝臓疾患に関してお話しします。

弱齢の猫に肝疾患で多い(とは言ってもかなり稀ですが)のも犬と同様、門脈シャントという病気です。
犬と異なる点は、猫では肝内シャントが多いとされ、肝外シャントに比べると治療がやや困難です。

中齢の猫では、肝リピドーシス(脂肪肝)と胆管肝炎という病気が2大疾病です。
肝リピドーシスは、比較的太っている猫ちゃんが、何らかの原因で2〜3日食べれない状況になってしまうと、体内に蓄積された脂肪が肝臓で代謝される際に重度の肝障害を引き起こす病気です。
一方、胆管肝炎は肝臓内の胆管で炎症を起こす病気です。
どちらの病気も、臨床症状は食欲不振、嘔吐、黄疸などで、検査数値などからではほとんど診断がつきません。
肝リピドーシスの治療は経腸栄養を与えることでステロイド剤の投与は禁忌とされていますが、胆管肝炎ではステロイド剤が第一選択薬となりますので、きちんと鑑別することが重要です。
両疾患の鑑別は、肝生検による細胞、あるいは組織診断でのみ行われます。
超音波検査などでも若干画像上の見え方は異なりますが、確定診断はできません。
また、肝リピドーシスは命に関わる病気で、治療が成功する場合でも食道チューブや胃チューブの設置などが必要で、治療期間も多くのケースでは数ヶ月に及びます。
胆管肝炎に関しても、ステロイドという副作用のある薬剤を長期にわたって投与しますので、きちんと鑑別しましょう。

高齢の猫では、腫瘍などもありますが、最も多い肝酵素の上昇は甲状腺機能亢進症からの2次的なものです。
また、弱齢からも起こりますが膵炎などに併発して胆管が狭窄、あるいは閉塞して黄疸や肝酵素が上昇するケースも非常に多いです。

猫では、犬に比べて肝酵素が上がりにくく、肝臓自体が原因していると考えられる場合は積極的に検査、治療を進めたほうがよいでしょう。
posted by sora-vet at 17:38| Comment(3) | 肝臓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: