2011年12月18日

ジェネリック医薬品

現在、当院で使用している70%以上の医薬品は人間用の薬で、そのほとんどはジェネリック医薬品です。
理由としては、安く提供できるからです。
また、海外の後発医薬品は質が悪いものがあったり、動物では吸収率が悪かったりするようですが、日本国内で製造されているもののほとんどは質も高いものだそうです。

ジェネリック医薬品を使う上で厄介なのが、薬剤名です。
後発品は薬剤名が微妙に変えてあり、病院内で処方や投薬をする時、その薬によって薬品名で呼んだり先発品の製品名や後発品の製品名で呼ぶこともあります。
人医領域でも一時期問題になりましたが、これが非常によく似た名前で別の薬剤というのが多くあります。
意外と獣医師同士では同じ名前で呼ぶことが多いのですが、セミナー等でたまに違う名前で紹介されると、なにか新しい薬が出たのか?と期待してしまうこともあります。

また、動物病院では、はじめから保険適応ではないので、一般の病院でも海外の輸入薬を使用することが多いです。(人医では海外の薬は保険適応ではなくなってしまいます。)
抗癌剤などは、有効性が示されている論文が多く出ているのに、国内では承認されていない薬が多くあります。
これらの薬は獣医師が合法的に個人輸入をするすることになりますが、手続き等に時間が1週間から1ヶ月かかります。

国内で認可されている薬でも、動物病院には卸してもらえない薬も多くあります。
IMHAに非常に有効なガンマガードという高価な薬がありますが、以前は動物病院に普通に回ってきたのですが、現在は一部の大学病院でしか扱われていません。
大きな問題なのは、製薬会社や卸業者、厚労省、農水省から、何の予告や説明もなく、いきなりこうした措置が取られることです。
我々獣医師も、動物病院での乱用が原因で人医に供給不足が起こっているのであれば、もちろん協力をします。
しかし、これらの薬は法律で使用が医師に限定されているわけではなく、獣医師も合法的に使用しているわけですので、このあたりの情報開示や獣医療の供給の公平性は保たれるべきだと思います。

一部の大学の先生はこうした意見や運動を、サービスを受ける飼い主様の方から企業や役所に訴えていくことが改善に繋がる可能性があるとおっしゃっていました。
そのような動きが起こり、より自由に、よりよい治療ができるようになることを願います。
posted by sora-vet at 10:58| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
韓国人は死ね。こんなのみる日本人は非国民。韓国人は出ていけ?
Posted by 山岸 舞彩 ミニ at 2013年06月14日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: