2012年02月28日

咬む犬の対処法

咬む犬に対しては、逆説的になってしまいますが、『咬まれないこと』が最も重要です。
犬は、噛むことで自分の要求が通ったり、恐怖から解放されることを覚えると、とても攻撃的になります。
逆に、咬む犬でも咬まない期間を長くとってあげる事で、咬むまでの閾値が上がることが多いです。

具体的には、咬む程度によって扱いは変わってきます。

まずは近づくもの何に対しても攻撃してくる犬の場合

柵の外やリードで必ず届かない場所に座ります。
そこから大好物をその子のほうに置いてあげます。
この時に目を合わせたり、その子の方を向かないほうがいいです。
だんだんと好物を置いてあげる場所を自分に近づけます。
最終的には手から与えられるように続けます。
まだこの時点では触ったり、顔を覗き込んだりはしません。
咬みそうになったら、すぐに中止して、また一から始めます。
早い子でも1週間、なれない子だと1ヶ月以上かかると思います。
また、いつまで頑張ってもダメという場合もないわけではありません。

次に、知らない人に対して攻撃する犬の場合

知らない人に近付かせないことが重要です。
どうしても必要な場合は、制御の効く方が必ず一緒にいるようにします。
制御できるということは、犬はその方を信頼していますので、自分たちを守るために攻撃することが減ります。
その状況で、頭や身体をさわるのでなく、まずごほうびを下からあげてもらいます。
この時、咬みそうな様子があったら、口の届かないところに置いてあげてください。
先程と同様に犬の顔をはじめは見ないほうがいいです。
そして、だんだんと近付けて、最終的には手から食べさせます。
手から食べれるようになってから、食べさせながら嫌がらないところから触っていきます。
これも無理をせずに、時間をかけておこなってください。
慣れてきたら、不特定多数の人に同じようにやってもらいます。

すべてのしつけに言えることですが、我慢できなくなる寸前の所でやめてあげて、必ずご褒美をあげて終わるようにするといいと思います。

くれぐれも咬まれないように行なってください。
咬みそうになったら、ふりだしに戻りましょう。

次回は、特定のことをすると咬む場合などについてお話しします。
posted by sora-vet at 19:37| Comment(0) | しつけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: